相続時のネットバンク問題の解決方法

相続が開始すると、原則として、被相続人(亡くなった方)の財産は、プラスの財産もマイナスの財産(債務)も含めて相続人に相続されます。
相続財産には、ほとんどの場合、預貯金が含まれますが、最近ではネットバンク(店舗がなく、振込みなどをパソコンやスマホで行うタイプの銀行)を利用している方が増えてきています。
通常の銀行などと異なり、ネットバンクの場合、預金通帳というものがなく、預金情報はパソコンなどからパスワードとIDを入力してログインすることで調べます。
では、亡くなった方がネットバンクを利用している場合、どうすればよいでしょうか?

ネットバンクといえども銀行ですので、通常の銀行同様、問合せをすれば相続手続を教えてくれますし、戸籍などの書類を揃えれば、手続を進めてくれます。ネットバンクは店舗がないといいましたが、ほとんどの場合、コールセンターはありますので、電話で問い合わせることが可能です。迷ったらコールセンターに連絡されると良いでしょう。

このように、亡くなった方がネットバンクを利用していることがわかっていれば何とか相続手続を進めることができるのですが、問題は、ネットバンクにはほとんどの場合通帳がないので、そもそも被相続人がネットバンクを利用していたこと自体、相続人の方々が気づかないこともあり得るという点にあります。
確かに、ネットバンクにもキャッシュカードがありますので、そのキャッシュカードの存在から、亡くなった方がネットバンクを利用していることに気づくことは可能です。ただ、そのネットバンクを送金や振込代金受領に特化して利用している場合、こうしたことをパソコンやスマホで行うというネットバンクの性質上、キャッシュカードすらどこかに無くしてしまうということは十分可能性としてはあり得ます。
ネットバンクに多くの預金が入っているにもかかわらず、相続人がそれに気づかずにいて、貴重な財産がしっかりと承継されないということは、大変もったいないことですよね。
こうしたことがないように、ネットバンクをご利用の方は、生前のうちから、ご家族にネットバンクを利用していることをそっと伝えておいた方が良いかもしれません。

関連記事

  1. 法定相続情報証明とは?どんな場合に使用できるか

  2. 相続債務が多いときは相続放棄?~限定承認という方法~

  3. 不動産を相続したけどどうしよう・・・

  4. 遺言について~自分で作成する?公証役場で作成する?~

  5. 遺産分割協議書の作成は1枚に全員分の署名押印が必要か?

  6. 相続登記の際に権利書(または登記識別情報)は必要か