相続登記の際に権利書(または登記識別情報)は必要か

「相続登記をする際には、対象不動産の権利書(登記識別情報)は必要でしょうか?」
このようなご質問を受けることがあります。
確かに、原則として、登記上の所有者から別の人へ所有権が移転する際には権利書(または、登記識別情報)が必要になります。

しかし、相続登記の際は、逆に、原則として権利書(または、登記識別情報)は不要です。
そのため、相続登記を行いたいけど、権利書が見当たらないという場合でも、焦る必要はありません。

ここで、「原則として」と記載したのは、例外的に必要になる場合があるためです。
それは、亡くなられた所有者の最後の住所と、登記上に記載されている住所が一致しない場合です。
このような場合、過去の住所が記録された戸籍の附票を提出して、最後の住所と登記上の住所につながりがあることがわかれば良いのですが、戸籍の附票を見てみても住所のつながりが確認できない場合があります。
そういた場合は、権利書(または、登記識別情報)を提出することで補います。
登記上の所有者である被相続人が亡くなられて何年も経過した後に相続登記をする場合に、権利書や登記識別情報を提出しなければならなくなるケースが比較的多いです。

以上のように、相続登記の際は、原則として権利書や登記識別情報がなくても登記申請ができますが、例外的に必要になる場合もありますので、やはり保管を厳重にされた方が良いといえます。

関連記事

  1. 法定相続情報証明とは?どんな場合に使用できるか

  2. 相続時のネットバンク問題の解決方法

  3. 遺言について~自分で作成する?公証役場で作成する?~

  4. 不動産を相続したけどどうしよう・・・

  5. 相続債務が多いときは相続放棄?~限定承認という方法~

  6. 相続登記の際の戸籍はどのくらい必要か