相続債務が多いときは相続放棄?~限定承認という方法~

相続する際に、財産よりも債務の方が多いという場合、考えられる相続手続としてはまず相続放棄があげられると思います。
相続というご自身の力ではどうしようもないことをきっかけに、いきなり債務を負担しなければならなくなるのですから、
いっそのこと放棄をしたいというお気持ちになるかと思います。

しかし、相続放棄をすると、相続権は他の相続人または次順位の相続人に承継されることとなります。
例えば、相続人が奥様1人・お子様1人の合計2名という場合で、被相続人である旦那様の債務が多くて、奥様が相続放棄をしたとします。
そうすると、その相続債務は、お子様1人が負担することになります。
また、奥様・お子様どちらも相続放棄をした場合、次順位の相続人であるお爺様・お婆様(奥様からみて義理の父母)やその次順位の旦那様のご兄弟が相続債務を承継することとなります。

そうしたことを防ぐ手段として考えられるのは、「限定承認」という手続です。
これは、相続債務を、相続した財産の範囲で弁済することで手続を完了させるもので、
この限定承認をすることで、次順位の相続人に相続債務を承継させなくても済みます。

また、相続債務は確かに多いけど、ご自宅不動産も相続財産に含まれるという場合にも、
相続した財産の範囲で債務を返済すれば、ご自宅不動産を相続することが可能になります。

限定承認は、相続人全員で家庭裁判所に対して行う必要があります。
上記の例でいえば、奥様とお子様が一緒に行う必要があります。
そのため、限定承認をする際は、他の相続人の意思も確認する必要があります。

相続が発生した場合に、債務が多いくて絶望してしまいそうになってもあきらめないでください。
実は、相続放棄以外にも、相続のしかたを選べる手段が法律上用意されているのです。

なお、相続放棄も限定承認も、基本的には相続開始後3か月以内に行わなければなりませんので、
どちらの手段を選ぶにしても、早期に動きださなければなりません。

関連記事

  1. 相続登記の際の戸籍はどのくらい必要か

  2. 遺産分割協議書の作成は1枚に全員分の署名押印が必要か?

  3. 不動産を相続したけどどうしよう・・・

  4. 相続登記の際に権利書(または登記識別情報)は必要か

  5. 相続時のネットバンク問題の解決方法

  6. 法定相続情報証明とは?どんな場合に使用できるか