不動産を相続したけどどうしよう・・・

亡くなられた方(被相続人)の財産はすべて相続財産として、相続人の方々に相続されますので、
もちろん被相続人名義の不動産は、相続人の方々に相続されます。
しかし、不動産の場合、その土地に付着したものですので、現金や預金みたく、
その相続財産を活用して何かを買ったり、投資資金にしたりといったことができません。
そうした性質のものであるがゆえに、不動産を相続してもすぐに売却等の処分をしたいとお考えになる方もいらっしゃると思います。

しかし残念ながら、私が相談をいただくケースでは、ほとんどの場合、売却することも困難であるケースが多いです。
なぜかというと、売却したいとお考えになる不動産は、
だいたいの場合が、山奥の土地であったり、駅から遠かったり、住宅街として整備さていないところだったりするためです。
逆に、商業地域の土地建物や、駅から近い地域、住宅街として整備された地域の不動産であれば、
相続人の方が住居として使用するか、賃貸物件として貸し出すことが可能なので、
そもそも売却の必要性が低くなります。

それでは、市町村が買い取ってくれるかというと、ほとんどの場合は買取り応じてくれないと思われます。
せいぜい寄付としてなら受け入れるというスタンスではないでしょうか。
無償でも良いから処分したいとお考えの場合は、一度、不動産のある市町村役場に問い合わせてみるとよいでしょう。

ただ、こうした売却困難な不動産の多くは、固定資産税が生じないようになっていますので、
実際のところ金銭的な損はない場合が多いのかなとは思います。

関連記事

  1. 相続債務が多いときは相続放棄?~限定承認という方法~

  2. 相続時のネットバンク問題の解決方法

  3. 法定相続情報証明とは?どんな場合に使用できるか

  4. 相続登記の際に権利書(または登記識別情報)は必要か

  5. 遺産分割協議書の作成は1枚に全員分の署名押印が必要か?

  6. 遺言について~自分で作成する?公証役場で作成する?~